ミネラルの種類

女性をサポートするサプリメント

ミネラルの種類

人間の身体が機能するのに必要なミネラルを必須ミネラルといい、16種類あります。必須ミネラルは身体に含まれる量の多さによって、主要ミネラルと微量ミネラルとに分けられます。主要ミネラルには、ナトリウム、カリウム、塩素、カルシウム、リン、硫黄、マグネシウムの7種類が、微量ミネラルには、鉄、ヨウ素、クロム、マンガン、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデンの9種類が該当します。

ミネラルは体内の組織を形成するための構成成分となったり、体内でいろいろな働きをする酵素の働きを助ける作用をします。

血液や体液などに多く含まれているミネラルが、ナトリウム、カリウム、塩素です。ナトリウムは血液や細胞外液の主要な構成ミネラルで、浸透圧の調整に関わっています。一方カリウムは、細胞内液での主要な構成ミネラルです。塩素は水素と一緒になり、胃液の成分として働きます。

骨や歯を形成するミネラルには、カルシウム、リン、マグネシウムがあります。リンはこのほかに、リン脂質として細胞膜の原料になります。マグネシウムは神経や筋肉での情報伝達にも関わっています。

そのほか体内にある生体分子を構成するミネラルとしては、鉄、ヨウ素、硫黄、コバルトがあります。鉄はヘモグロビンの構成成分で、赤血球が酸素を身体中に運搬するのに重要な役割を果たします。ヨウ素は甲状腺ホルモンの生成に必要なミネラルです。硫黄は、髪や毛をつくるタンパクに必要とされるミネラルで、コバルトはビタミンB12に含まれるミネラルです。

体内の酵素の働きを助けるミネラルとしては、クロム、マンガン、銅、亜鉛、セレン、モリブデンがあります。クロムは糖や脂質の代謝に関わり、マンガンは肝臓の酵素の働きを助けます。銅はヘモグロビンの生成、亜鉛は味覚の感知や細胞の増殖に関わっています。セレンは抗酸化作用を示す酵素、モリブデンは肝臓で糖質代謝や酸化過程に関わる酵素の働きを助けます。

なお、ここで述べたミネラルの役割はほんの一部で、実際にはミネラルの作用はもっと多岐にわたっています。